モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

(2)経カテーテル大動脈弁置換術の施設基準

イ 当該療養を行うにつき十分な専用施設を有している病院であること。

ロ 当該保険医療機関内に当該療養を行うにつき必要な医師及び看護師が配置されていること。



スポンサーリンク

<通知>

第63の3 経カテーテル大動脈弁置換術

1 経カテーテル大動脈弁置換術に関する施設基準

(1)循環器科及び心臓血管外科を標榜している病院であること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)次のいずれにも該当すること。

ア】緊急開心・胸部大動脈手術の経験があること。

イ】大動脈弁置換術(大動脈基部置換術を含む)を年間20例以上実施しており、かつ、大動脈に対するステントグラフト内挿術を年間10例以上実施していること。

ウ】冠動脈に関する血管内治療(PCI)を年間100例以上実施していること。

エ】経食道心エコー検査を年間200例以上実施していること。

<H30 保医発0305第3号>

(3)5年以上の循環器科の経験を有する常勤の医師が3名以上配置されており、かつ、5年以上の心臓血管外科の経験を有する常勤の医師が3名以上配置されていること。

<H30 保医発0305第3号>

(4)5年以上の心血管インターベンション治療の経験を有する常勤の医師が1名以上配置されていること。
 なお、(3)に掲げる医師と同一の者であっても差し支えない。

<H30 保医発0305第3号>

(5)関係学会より認定された施設であること。

<H30 保医発0305第3号>

(6)以下のいずれも満たす手術室を有していること。

ア】設置型透視装置を備えていること。

イ】高性能フィルタを使用して空気浄化を行い、周辺諸室に対して適切な空気圧と気流の方向を維持していること。

ウ】必要な設備及び装置を清潔下で使用できる十分なスペースがあること。

エ】速やかに開胸手術に移行可能であること。

<H30 保医発0305第3号>

(7)術中経食道心エコー検査、経皮的心肺補助装置及び緊急開心・胸部大動脈手術が実施可能であること。

<H30 保医発0305第3号>

(8)実際の手技に当たって、5年以上の循環器科の経験を有する常勤の医師と5年以上の心臓血管外科の経験を有する常勤の医師がそれぞれ1名以上参加すること。

<H30 保医発0305第3号>

(9)関係学会の策定する実施施設基準を遵守すること。

<H30 保医発0305第3号>

2 届出に関する事項

(1)経カテーテル大動脈弁置換術に係る届出は、別添2の様式52及び様式59の2を用いること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)循環器科及び心臓血管外科を担当する医師の氏名、勤務の態様(常勤・非常勤、専従・非専従、専任・非専任の別)及び勤務時間を、別添2の様式4を用いて提出すること。

<H30 保医発0305第3号>

(3)関係学会より認定された施設であることを証する文書の写しを添付すること。

<H30 保医発0305第3号>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク