モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

(2)経皮的循環補助法(ポンプカテーテルを用いたもの)の施設基準

イ 当該療養を行うにつき十分な専用施設を有している病院であること。

ロ 当該保険医療機関内に当該療養を行うにつき必要な医師及び看護師が配置されていること。



スポンサーリンク

<通知>

第68の2 経皮的循環補助法(ポンプカテーテルを用いたもの)

1 経皮的循環補助法(ポンプカテーテルを用いたもの)に関する施設基準

(1)循環器内科の経験を5年以上有する常勤医師及び心臓血管外科の経験を5年以上有する常勤医師(小児を対象とする場合は小児循環器の経験を5年以上有する常勤の医師)がそれぞれ1名以上配置されていること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)次のいずれにも該当すること。

ア】心臓血管手術の症例が年間100例以上であり、小児を対象とする場合は、そのうち18歳未満の症例に対する心臓手術が年間50例以上であること。

イ】経皮的冠動脈形成術を3年間に300例以上実施していること。
 ただし、小児を対象とする場合を除く。

ウ】区分番号「K600」大動脈バルーンパンピング法を3年間に30例以上及び区分番号「K602」経皮的心肺補助法を3年間に20例以上実施していること。
 ただし、小児を対象とする場合を除く。

エ】小児を対象とする場合は11歳未満の症例に対する機械的循環補助を過去5年間で3例以上経験していること。
 なお、機械的循環補助とは、補助人工心臓、左心バイパス又は左心系脱血を伴う膜型人工肺の装着を指す。

<H30 保医発0305第3号>

(3)経皮的循環補助法(ポンプカテーテルを用いたもの)を行うに当たり関係学会より認定された施設であること。

<H30 保医発0305第3号>

(4)関係学会から示されている指針に基づき、経皮的循環補助法(ポンプカテーテルを用いたもの)が適切に実施されていること。

<H30 保医発0305第3号>

2 届出に関する事項

(1)経皮的循環補助法(ポンプカテーテルを用いたもの)に係る届出は、別添2の様式52及び様式87の13を用いること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)当該治療に従事する医師の氏名、勤務の態様(常勤・非常勤、専従・非専従、専任・非専任の別)及び勤務時間を、別添2の様式4を用いて提出すること。

<H30 保医発0305第3号>

(3)関係学会より認定された施設であることを証する文書の写しを添付すること。

<H30 保医発0305第3号>

(4)経皮的循環補助法の施設基準に係る届出書添付書類及び経皮的循環補助法(小児を対象とする場合)の施設基準に係る届出書添付書類ともに届出を行う場合は別にそれぞれ届け出ること。

<H30 保医発0305第3号>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク