モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

三の二の三 自己生体組織接着剤作成術及び自己クリオプレシピテート作製術(用手法)の施設基準

(1)当該療養を行うにつき十分な体制が整備されている病院であること。

(2)当該保険医療機関内に当該療養を行うにつき必要な医師が配置されていること。



スポンサーリンク

<通知>

第80の3 自己生体組織接着剤作成術

1 自己生体組織接着剤作成術に関する施設基準

(1)当該保険医療機関の輸血部門において、当該保険医療機関の輸血業務全般に関する責任を有する常勤医師が配置されていること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)当該保険医療機関の輸血部門において、専任の常勤臨床検査技師が1名以上配置されていること。

<H30 保医発0305第3号>

(3)血液製剤の使用に当たって「「輸血療法の実施に関する指針」及び「血液製剤の使用指針」の一部改正について」を遵守し適正に実施されていること。
 特に血液製剤の使用に当たっては、投与直前の検査値の把握に努めるとともに、これらの検査値及び患者の病態を踏まえ、その適切な実施に配慮されていること。

<H30 保医発0305第3号>

(4)当該技術の適応の判断及び実施にあたって、関連学会から示されているガイドラインを遵守していること。

<H30 保医発0305第3号>

2 届出に関する事項

(1)自己生体組織接着剤作成術の施設基準に係る届出は、別添2の様式73の2を用いること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)臨床検査技師の勤務状況について具体的に分かるものを添付すること。

<H30 保医発0305第3号>

第80の3の2 自己クリオプレシピテート作製術(用手法)

1 自己クリオプレシピテート作製術(用手法)に関する施設基準

(1)当該保険医療機関の輸血部門において、当該保険医療機関の輸血業務全般に関する責任を有する常勤医師が配置されていること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)当該保険医療機関の輸血部門において、専任の常勤臨床検査技師が1名以上配置されていること。

<H30 保医発0305第3号>

(3)血液製剤の使用に当たって「「輸血療法の実施に関する指針」及び「血液製剤の使用指針」の一部改正について」を遵守し適正に実施されていること。
 特に血液製剤の使用に当たっては、投与直前の検査値の把握に努めるとともに、これらの検査値及び患者の病態を踏まえ、その適切な実施に配慮されていること。

<H30 保医発0305第3号>

(4)当該技術の適応の判断及び実施にあたって、関連学会から示されているガイドラインを遵守していること。

<H30 保医発0305第3号>

2 届出に関する事項

(1)自己クリオプレシピテート作製術(用手法)の施設基準に係る届出は、別添2の様式73の2を用いること。

<H30 保医発0305第3号>

(2)臨床検査技師の勤務状況について具体的に分かるものを添付すること。

<H30 保医発0305第3号>



スポンサーリンク

自己生体組織接着剤作成術及び自己クリオプレシピテート作製術(用手法)の施設基準

(問192)区分番号「K924」自己生体組織接着剤作成術又は区分番号「K924-2」自己クリオプレシピテート作製術(用手法)について、「関連学会から示されているガイドライン」とあるが、具体的には何を指すのか。

(答)日本自己血輸血学会及び日本輸血・細胞治療学会の自動機器による自己フィブリン糊の使用マニュアル及び用手法による自己フィブリン糊作成および使用マニュアル等を指す。

<H30/3/30 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク