モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

Ⅰ 診療報酬の算定方法(平成20年厚生労働省告示第59号)別表第一医科診療報酬点数表(以下「医科点数表」という。)の第2章第2部に規定する特定保険医療材料及びその材料価格

001 腹膜透析液交換セット

(1)交換キット

544円

(2)回路

①Yセット

868円

②APDセット

5,370円

③IPDセット

1,020円



スポンサーリンク

<通知>

2 在宅医療の部に規定する特定保険医療材料に係る取扱い

001 腹膜透析液交換セット

ア】交換キットは、キャップ又はクラムシェルの場合は1個を、ウエハーの場合は2枚を1キットとし、1交換当たり1キットを限度として算定する。

イ】交換キットは、自動腹膜透析装置を使用する場合は、APDセット1個当たり4キット分を限度として算定する。

ウ】交換キットは、バッグ再利用式(排液バッグ付き腹膜透析液又は回路を使用しない方法) により腹膜透析液を交換した場合は、1交換当たり2キット分を限度として算定する。

<H30 保医発0305第10号>



スポンサーリンク



スポンサーリンク