モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。



スポンサーリンク

<告示>

A245 データ提出加算

1 データ提出加算1
入院初日

イ 許可病床数が200床以上の病院の場合

140点

ロ 許可病床数が200床未満の病院の場合

210点

2 データ提出加算2
入院初日

イ 許可病床数が200床以上の病院の場合

150点

ロ 許可病床数が200床未満の病院の場合

220点

3 データ提出加算3
(入院期間が90日を超えるごとに1回)

イ 許可病床数が200床以上の病院の場合

140点

ロ 許可病床数が200床未満の病院の場合

210点

4 データ提出加算4
(入院期間が90日を超えるごとに1回)

イ 許可病床数が200床以上の病院の場合

150点

ロ 許可病床数が200床未満の病院の場合

220点

注1 「1」及び「2」については、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、当該保険医療機関における診療報酬の請求状況、手術の実施状況等の診療の内容に関するデータを継続して厚生労働省に提出している場合に、当該保険医療機関に入院している患者(第1節の入院基本料(特別入院基本料等を除く。)又は第3節の特定入院料のうち、データ提出加算を算定できるものを現に算定している患者に限る。)について、当該基準に係る区分に従い、入院初日に限り所定点数に加算する。

注2 「3」及び「4」については、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、当該保険医療機関における診療報酬の請求状況、手術の実施状況等の診療の内容に関するデータを継続して厚生労働省に提出している場合に、当該保険医療機関に入院している患者(第1節の入院基本料(特別入院基本料等を除く。)又は第3節の特定入院料のうち、データ提出加算を算定できるものを現に算定している患者に限る。)であって、療養病棟入院基本料、結核病棟入院基本料、精神病棟入院基本料、障害者施設等入院基本料、特殊疾患入院医療管理料、回復期リハビリテーション病棟入院料、特殊疾患病棟入院料、緩和ケア病棟入院料、児童・思春期精神科入院医療管理料、精神療養病棟入院料、認知症治療病棟入院料又は地域移行機能強化病棟入院料を届け出た病棟又は病室に入院しているものについて、当該基準に係る区分に従い、入院期間が90日を超えるごとに1回、所定点数に加算する。

注3 別に厚生労働大臣が定める施設基準を満たす保険医療機関に入院している患者については、提出データ評価加算として、40点を更に所定点数に加算する。



スポンサーリンク

<通知>

A245 データ提出加算(入院中1回)

(1)厚生労働省が毎年実施する「DPC導入の影響評価に係る調査(特別調査を含む。)」(以下この区分番号において「DPC調査」という)に準拠したデータを正確に作成し、継続して提出されることを評価したものである。
 提出されたデータについては、特定の患者個人を特定できないように集計し、医療機関毎に公開されるものである。
 また、提出されたデータは、入院医療等を担う保険医療機関の機能や役割の分析・評価等や「DPCデータの提供に関するガイドライン」に従い厚生労働省保険局において行うDPCデータの第三者提供のために適宜活用されるものである。

<R2 保医発0305第1号>

(2)当該加算は、データ提出の実績が認められた保険医療機関において、データ作成対象病棟(以下「対象病棟」という。)に入院している患者について算定する。
 データ提出加算1及び入院初日データ提出加算3及びは入院期間が90日を超えるごとに1回算定する。
 90日をえるごと、の計算は、入院日から起算して91日目、181日目等と計算する。
 なお、ここでいう入院とは第2部通則5に規定する入院期間中の入院のことをいい、データ提出加及びについては入院期間が通算される再入院の場合には算定できず、データ提出加算3及びについては通算した入院期間から算出し算定する。

<R2 保医発0305第1号>

<一部訂正 R2/3/31事務連絡>

<一部訂正 R2/4/16 事務連絡>

(3)データの提出(データの再照会に係る提出も含む。)に遅延等が認められた場合、当該月の翌々月について、当該加算は算定できない。
 なお、遅延等とは、厚生労働省がDPC調査の一部事務を委託するDPC調査事務局宛てに、DPC導入の影響評価に係る調査実施説明資料(以下「調査実施説明資料」という。)に定められた期限までに、当該医療機関のデータが提出されていない場合(提出時刻が確認できない手段等、調査実施説明資料にて定められた提出方法以外の方法で提出された場合を含む。)、提出されたデータが調査実施説明資料に定められたデータと異なる内容であった場合(データが格納されていない空の媒体が提出された場合を含む。)をいう。

<R2 保医発0305第1号>

(4)データの作成は月単位で行うものとし、作成されたデータには月の初日から末日までの診療に係るデータが全て含まれていなければならない。

<R2 保医発0305第1号>

(5)(2)の対象病棟とは、第1節の入院基本料(区分番号「A108」有床診療所入院基本料及び区分番号「A109」有床診療所療養病床入院基本料を除く。)、第3節の特定入院料及び第4節の短期滞在手術等基本料(区分番号「A400」の「1」短期滞在手術等基本料1を除く。)を算定する病棟をいう。

<R2 保医発0305第1号>

(6)(2)の「データ提出の実績が認められた保険医療機関」とは、データの提出が厚生労働省保険局医療課において確認され、その旨を通知された保険医療機関をいう。

<R2 保医発0305第1号>

(7)データ提出加算1及びは、入院患者に係るデータを提出した場合に算定し、データ提出加算2及びは、入院患者に係るデータに加え、外来患者に係るデータを提出した場合に算定することができる。

<R2 保医発0305第1号>

(8)「注3」に規定する提出データ評価加算を算定する場合は、当該加算を算定する月の前々月において、調査実施説明資料に定められた様式1において入力されるレセプト電算処理用の傷病名コードの総数に対する未コード化傷病名のコード(レセプト電算処理用の傷病名コード:0000999)の割合、外来EFファイルに入力される傷病名コードの総数に対する未コード化傷病名の割合がそれぞれ2%未満、かつ、医科の全ての診療報酬明細書に記載された傷病名コードの総数に対する未コード化傷病名の割合が10%未満であって、当該保険医療機関において、その結果を記録し保存している場合に、データ提出加算2の「ロ」又はの「ロ」を算定する医療機関において算定できる。

<R2 保医発0305第1号>

(9) 「注3」に規定する提出データ評価加算は、(3)による遅延等が認められ、データ提出加算を算定できない月がある場合、データ提出加算を算定できない月から6か月間、当該加算を算定できない。
 例えば、4月22日に提出すべきデータが遅延等と認められ、6月にデータ提出加算を算定できない場合、当該加算は6月から11月までの6か月間算定できない。

<R2 保医発0305第1号>



スポンサーリンク

A245 データ提出加算

(問72)同一月内に再入院した場合、再入院についてもデータ提出加算を算定することができるのか。

(答)一連の入院に該当する場合には算定することができない。
 診断群分類点数表により算定する場合は、DPCの疑義解釈も参照のこと。

<H24/3/30 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問12-1)「DPC導入の影響評価に係る調査」の提出について、提出方法不備、提出期限超過・未到着及び媒体内容不備等があった場合でも「A245 データ提出加算」を算定することができるのか。

(答)「DPC導入の影響評価に係る調査」の提出(データの再照会に係る提出も含む。)で提出方法不備、提出期限超過、未到着及び媒体内容不備等があった場合は、データ提出月の翌々月の1か月分については「A245 データ提出加算」は算定できない。

<H28/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問12-2)データ提出加算における「200床以上」とは医療法上の許可病床数になるのか。それともDPC算定対象病床になるのか。

(答)医療法第7条第2項第5号に規定する許可病床となる。

(外来診療料を算定する医療機関は「200床以上」の区分で、再診料を算定する医療機関は「200床未満」の区分で施設基準の届出を行うことができる。)

<H28/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問12-3)データ提出に遅延等が認められたため、1か月「データ提出加算」を算定できなくなった場合、当該1か月の診療分はどのように算定するのか。

(答)包括評価対象分については、当該月診療分のデータ提出加算に係る機能評価係数Ⅰを医療機関別係数に合算せずに算定すること。
 また、包括評価対象外の患者については、当該月の診療分において、医科点数表に基づき、退院時に「A245 データ提出加算」を算定することができない。

<H28/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問101)提出データ評価加算について、留意事項通知における要件に「その結果を記録し保存している場合に、データ提出加算2を算定する医療機関において算定できる。」とあるが、記録し保存する具体的内容はなにか。

(答)評価月の様式1、外来EFファイル、入院レセプト、入院外レセプト、DPC対象病院においてはDPCレセプトのそれぞれにおける傷病名コードの総数及び未コード化傷病名の数を記録し、年度毎に各月の状況を保存すること。

<H30/3/30 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問24)区分番号「A245」データ提出加算について、例えば、療養病棟入院基本料を届け出る病棟に入院する患者の場合、入院初日にデータ提出加算1又は2を算定し、当該病棟における入院期間が90日を超えるごとにデータ提出加算3又は4を算定するのか。

(答)そのとおり。

<R2/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問25)区分番号「A245」データ提出加算3及び4について、例えば、区分番号「A100」急性期一般入院基本料1を届け出る病棟に入院し、「A101」療養病棟入院基本料1を届け出る病棟に転棟した場合、データ提出加算3又は4に係る入院期間の起算日は、転棟した日となるのか。

(答)そのとおり。

<R2/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問26)区分番号「A245」データ提出加算1及び2について、令和2年3月31日以前より入院を継続している場合、データ提出加算1 及び2の算定時期はいつか。
 また、その場合のデータ提出加算3及び4に係る入院期間の起算日はいつか。

(答)令和2年3月31日にデータ提出加算1又は2を算定すること。
 ただし、同一入院中にデータ提出加算1又は2を算定していない場合に限る。
 また、データ提出加算3又は4に係る入院期間の起算日は、令和2年3月31日以前の入院日となる。

<R2/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問27)区分番号「A245」データ提出加算について、医科点数表の第1章第2部「通則5」の規定により入院期間が通算される再入院の場合の取扱いはどのようになるか。

①区分番号「A100」急性期一般入院基本料1を届け出る病棟に入院し、入院初日にデータ提出加算1を算定した患者が、同病棟を退院後に、区分番号「A101」療養病棟入院基本料1を届け出る病棟に再入院(入院期間が通算される再入院に該当)した場合

②区分番号「A101」療養病棟入院基本料1を届け出る病棟に入院し、入院初日にデータ提出加算1を算定した患者が、同病棟を退院後に、同病棟に再入院(入院期間が通算される再入院に該当)した場合

(答)それぞれ、以下の取扱いとなる。

①再入院の初日にデータ提出加算1は算定できない。データ提出加算3は再入院した日から起算し90日を超えるごとに1回算定する。

②再入院の初日にデータ提出加算1は算定できない。
 データ提出加算3は初回の入院日から起算し入院期間が90 日を超えるごとに1回算定する。

<R2/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問28)新たに区分番号「A245」データ提出加算に係る届出を行った場合、データ提出加算の算定方法はどのようになるか。
 例えば、10月1日からデータ提出加算1及び3が算定可能となる医療機関において、9月15日に区分番号「A101」療養病棟入院基本料1を届け出る病棟に入院し、10月1日を超えて継続して入院している患者について、どのように算定するのか。

(答)データ提出加算1は算定できない。
 データ提出加算3は10月1日以降に、9月15日から起算して90日を超えるごとに1回算定する。

<R2/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク