モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。



スポンサーリンク

<告示>

J003 局所陰圧閉鎖処置(入院)(1日につき)

1 100c㎡未満

1,040点

2 100c㎡以上
200c㎡未満

1,060点

3 200c㎡以上

1,100点

注1 初回の貼付に限り、「1」にあっては1,690点を、「2」にあっては2,650点を、「3」にあっては3,300点を、初回加算として、それぞれ所定点数に加算する。

注2 初回の貼付に限り、持続洗浄を併せて実施した場合は、持続洗浄加算として、500点を所定点数に加算する。



スポンサーリンク

<通知>

J003 局所陰圧閉鎖処置(入院)(1日につき)

(1)入院中の患者に対して処置を行った場合に限り算定できる。

<R2 保医発0305第1号>

(2)「1」から「3」までに示す範囲は、局所陰圧閉鎖処置用材料で被覆すべき創傷面の広さをいう。

<R2 保医発0305第1号>

(3)部位数にかかわらず、1日につき、所定点数により算定する。

<R2 保医発0305第1号>

(4)局所陰圧閉鎖処置(入院)を算定する場合は、区分番号「J001-4」重度褥瘡処置及び区分番号「J053」皮膚科軟膏処置は併せて算定できない。
 区分番号「J000」創傷処置又は区分番号「J001」熱傷処置は併せて算定できるが、当該処置が対象とする創傷を重複して算定できない。

<R2 保医発0305第1号>

(5)局所陰圧閉鎖処置(入院)終了後に多血小板血漿処置を行う場合は、区分番号「J003-4」多血小板血漿処置を算定する。
 また、引き続き創傷部位の処置(多血小板血漿処置を除く。)が必要な場合は、区分番号「J000」創傷処置により算定する。

<R2 保医発0305第1号>

(6)「注1」に規定する加算は、入院前に区分番号「J003-2」局所陰圧閉鎖処置(入院外)を算定していた患者が、引き続き入院中に局所陰圧閉鎖処置(入院)を行った場合は算定できない。

<R2 保医発0305第1号>

(7)「注2」の持続洗浄加算については、局所感染を伴う難治性創傷(局所感染が存在するが、その拡大がなく、沈静化すると考えられる創傷及び汚染創に限り、骨髄炎又は骨膜炎を除く。)に対して、持続洗浄を併せて実施した場合に算定する。
 持続洗浄加算を算定した場合は、診療報酬明細書の摘要欄にその理由及び医学的根拠を詳細に記載すること。

<R2 保医発0305第1号>

(8)骨髄炎又は骨膜炎を伴う難治性創傷に対して、局所陰圧閉鎖処置と洗浄を行った場合は、「注2」の持続洗浄加算は算定できず、区分番号「J040」局所灌流の「2」骨膜・骨髄炎に対するものを併せて算定する。
 この場合は、診療報酬明細書の摘要欄にその理由及び医学的根拠を詳細に記載すること。

<R2 保医発0305第1号>

(9)局所陰圧閉鎖処置(入院)を算定する場合は、特定保険医療材料の局所陰圧閉鎖処置用材料を併せて使用した場合に限り算定できる。

<R2 保医発0305第1号>

(10)陰圧維持管理装置として単回使用の機器を使用し、局所陰圧閉鎖処置(入院)を算定する場合は、特定保険医療材料の局所陰圧閉鎖処置用材料を併せて算定した日に週3回に限り算定できる。

<R2 保医発0305第1号>

(11)初回加算を算定した日、陰圧維持管理装置として使用した機器及び本処置の医学的必要性を診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。

<R2 保医発0305第1号>



スポンサーリンク

診療報酬点数表2020
【通則】

第2章 特掲診療料

第9部 処置
【通則】

第1節 処置料

(一般処置)

J003 局所陰圧閉鎖処置(入院)

(問143)局所陰圧閉鎖処置の算定に当たっては、何か特殊な機器を利用している必要があるのか。

(答)特定保険医療材料の局所陰圧閉鎖処置用材料を使用していなければ算定できない。

<H22/3/29 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問166)局所陰圧閉鎖処置について、平成24年度改定において、「被覆材を貼付した場合」と「その他の場合」の区別がなくなったが、被覆材を貼付した日もその他の日も、同じ点数を算定するのか。

(答)そのとおり。

<H24/3/30 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問27)「J003」局所陰圧閉鎖処置の区分の見直しにより、「1 被覆材を貼付した場合」と「2 その他の場合」が一本化されたが、局所陰圧閉鎖処置に関する事務連絡「局所陰圧閉鎖処置用材料を使用していなければ算定できない。」の取り扱いに変更はないか。

(答)変更なし。

<H24/8/9 事務連絡:疑義解釈資料(その8)>

(問1)「J003」局所陰圧閉鎖処置(入院)(1日につき)は、「特定保険医療材料の局所陰圧閉鎖処置用材料を併せて使用した場合に限り算定できる」こととされているが、局所陰圧閉鎖処置用材料を算定した日しか当該処置料は算定できないのか。

(答)過去に局所陰圧閉鎖処置用材料を算定していて、引き続き当該材料を使用して治療を行っている場合には、当該材料を算定した日以外の日であっても、1日につき1回、当該処置料を算定できる。

<H27/9/3 事務連絡:疑義解釈資料(その15)>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク