モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。



スポンサーリンク

<告示>

K282 水晶体再建術

1 眼内レンズを挿入する場合

イ 縫着レンズを挿入するもの

17,840点

ロ その他のもの

12,100点

2 眼内レンズを挿入しない場合

7,430点

3 計画的後嚢切開を伴う場合

21,780点

注1 水晶体嚢拡張リングを使用した場合は、所定点数に1,600点を加算する。

注2 「1」の「イ」について、水晶体偏位又は眼内レンズ偏位の患者に対して、高次収差解析を行った場合は、手術の前後それぞれ1回に限り、高次収差解析加算として、150点を所定点数に加算する。



スポンサーリンク

<通知>

K282 水晶体再建術

(1)1眼に白内障及び斜視があり両者に対する手術を同時に行った場合は、別に算定できる。
 ただし、斜視手術が保険給付の対象となる場合に限る。

<R2 保医発0305第1号>

(2)眼内レンズの費用は所定点数に含まれ、別に算定できない。

<R2 保医発0305第1号>

(3)「1」の「イ」の縫着レンズを挿入するものについては、眼内レンズを縫着し挿入した場合に算定する。

<R2 保医発0305第1号>

(4)「3」の計画的後嚢切開を伴う場合は、16歳未満の患者に対して行われた場合に限り算定する。

<R2 保医発0305第1号>

(5)「注1」に規定する加算は、チン小帯の脆弱・断裂を有する症例に対して、水晶体嚢拡張リングを用いて水晶体再建術を実施した場合に算定する。
 なお、水晶体嚢拡張リングを使用した場合は、診療報酬請求に当たって、診療報酬明細書に症状詳記を添付すること。

<R2 保医発0305第1号>

(6) 「注2」に規定する加算は、水晶体偏位又は眼内レンズ偏位の患者に対して、高次収差解析を行った場合は、「1」の「イ」の縫着レンズを挿入するものの手術の前後それぞれ1回に限り算定する。
 なお、水晶体偏位又は眼内レンズ偏位が疑われた場合であっても、当該手術を行わなかったときは、当該加算は算定できない。

<R2 保医発0305第1号>



スポンサーリンク

診療報酬点数表2020
【通則】

第2章 特掲診療料

第10部 手術
【通則】

第1節 手術料

第4款 眼

(水晶体、硝子体)

K282 水晶体再建術

【白内障に罹患している患者に対する水晶体再建に使用する眼鏡装用率の軽減効果を有する多焦点眼内レンズの支給】

(問181)「白内障に罹患している患者に対する水晶体再建に使用する眼鏡装用率の軽減効果を有する多焦点眼内レンズの支給」について、関係学会から示されている指針に基づき適切に実施するとあるが、「関係学会等から示されている指針」とは何を指すのか。

(答)日本眼科学会の「多焦点眼内レンズに係る選定療養に関する指針」を指す。

<R2/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問182)「白内障に罹患している患者に対する水晶体再建に使用する眼鏡装用率の軽減効果を有する多焦点眼内レンズの支給」に必要な検査に係る費用について、特別の料金として患者から徴収可能とあるが、「必要な検査」とは何を指すのか。

(答)区分番号「D263-2」コントラスト感度検査及び区分番号「D265-2」角膜形状解析検査を指す。なお、医科点数表に規定する当該検査の算定要件に合致する患者に対して、当該検査を実施する場合には、予め定めた特別の料金から当該検査に係る費用を控除した額を患者から徴収し、医科点数表の規定に従って当該検査を算定すること。

<R2/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問183)「白内障に罹患している患者に対する水晶体再建に使用する眼鏡装用率の軽減効果を有する多焦点眼内レンズの支給」に係る特別の料金については、保険医療機関が自由に設定して良いか。

(答)特別の料金は、眼鏡装用率の軽減効果を有する多焦点眼内レンズの費用から医科点数表に規定する水晶体再建術において使用する眼内レンズ(その他のものに限る。)の費用を控除した額及び眼鏡装用率の軽減効果を有する多焦点眼内レンズの支給に必要な検査に係る費用を合算したものを標準として、社会的にみて妥当適切な範囲の額を保険医療機関が独自に設定できる。
 なお、特別の料金を徴収しようとする保険医療機関は、地方厚生(支)局長への報告が必要である。

<R2/3/31 事務連絡:疑義解釈資料(その1)>

(問12)「白内障に罹患している患者に対する水晶体再建に使用する眼鏡装用率の軽減効果を有する多焦点眼内レンズの支給」について、「患者からの徴収額」が社会的にみて妥当適切な範囲の額であることを示す資料として、眼鏡装用率の軽減効果を有する多焦点眼内レンズ及び当該医療機関で医科点数表に規定する水晶体再建術において使用する主たる眼内レンズ(その他のものに限る。)の購入価格を示す資料をそれぞれ添付するとあるが、具体的にどのような資料を添付すればよいか。

(答)様式は問わないが、当該価格が確認できる資料を添付されたい。

<R2/4/16 事務連絡:疑義解釈資料(その5)>

(問13)「白内障に罹患している患者に対する水晶体再建に使用する眼鏡装用率の軽減効果を有する多焦点眼内レンズの支給」の対象となる多焦点眼内レンズのうち、眼鏡装用率又は眼鏡依存度の軽減効果についての薬事承認がないものであって、令和2年3月31日までに先進医療において眼鏡装用率の軽減効果を有すると評価されたものとは、具体的にどのようなものが該当するのか。

(答)以下の多焦点眼内レンズ(販売名)が該当する。

・アルコン アクリソフIQ レストア +2.5D シングルピース

・アルコン アクリソフIQ レストア +2.5D トーリック シングルピース

・エイエフ-1 アイシー

・テクニス マルチフォーカル アクリル

・テクニス マルチフォーカル ワンピース

<R2/4/16 事務連絡:疑義解釈資料(その5)>



スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP




スポンサーリンク