モバイル端末をお使いの場合は、
画面を横向きにすると
告示と通知を横並びでご覧頂けます。

スポンサーリンク

<告示>

K002 デブリードマン

1 100cm未満

1,620点

2 100cm以上
3,000cm未満

4,820点

3 3,000cm以上

11,230点

注1 熱傷により全身の20%以上に植皮を行う場合又はA群溶連菌感染症に伴う壊死性筋膜炎の場合においては、5回に限り算定する。

注2 「注1」の場合を除き、当初の1回に限り算定する。

注3 骨、腱又は筋肉の露出を伴う損傷については、当初の1回に限り、深部デブリードマン加算として、1,000点を所定点数に加算する。

注4 水圧式デブリードマンを実施した場合は、一連の治療につき1回に限り、水圧式デブリードマン加算として、2,500点を所定点数に加算する。

注5 超音波式デブリードマンを実施した場合は、一連の治療につき1回に限り、超音波式デブリードマン加算として、2,500点を所定点数に加算する。



スポンサーリンク

<通知>

K002 デブリードマン

(1)「K013」分層植皮術から「K019」複合組織移植術及び「K020」自家遊離複合組織移植術(顕微鏡下血管柄付きのもの)「K021-2」粘膜弁手術までの手術を前提に行う場合にのみ算定する。

<R6 保医発0305第4号>

(2)面積の算定方法については、「J000」創傷処置の取扱いの例による。

<R6 保医発0305第4号>

(3)汚染された挫創に対して行われるブラッシング又は汚染組織の切除等であって、通常麻酔下で行われる程度のものを行ったときに算定する。
 また、繰り返し算定する場合は、植皮の範囲(全身に占める割合)を診療報酬明細書の摘要欄に記載する。

<R6 保医発0305第4号>

(4)「注1」のA群溶連菌感染症に伴う壊死性筋膜炎に対して行う場合については、病歴、細菌培養検査及び画像所見等により、A群溶連菌感染症に伴う壊死性筋膜炎と診断した場合に算定する。
 なお、診療報酬の請求に当たっては、病歴、細菌培養検査及び画像所見を診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。

<R6 保医発0305第4号>

(5)「注3」に規定する深部デブリードマン加算は、(3)でいう繰り返し算定する場合についても、要件をみたせば算定できる。

<R6 保医発0305第4号>

(6)「注4」に規定する水圧式デブリードマン加算は、Ⅱ度以上の熱傷、糖尿病性潰瘍又は植皮を必要とする創傷に対して、水圧式ナイフを用いて、組織や汚染物質等の切除、除去を実施した場合に、一連の治療につき1回に限り算定する。
 なお、加圧に用いた生理食塩水の費用は所定点数に含まれ、別に算定できない。

<R6 保医発0305第4号>

(7)「注5」に規定する超音波式デブリードマン加算は、Ⅱ度以上の熱傷、糖尿病性潰瘍又は植皮を必要とする創傷に対して、主にデブリードマンに使用する超音波手術器を用いて、組織や汚染物質等の切除、除去を実施した場合に、一連の治療につき1回に限り算定する。
 なお、噴霧に用いた生理食塩水の費用は所定点数に含まれ、別に算定できない。

<R6 保医発0305第4号>



スポンサーリンク



※英数字、「-」は半角、その他は全角で入力してください。




スポンサーリンク



スポンサーリンク



レセプト算定ナビ
e-診療報酬点数表TOP



スマホからは下記QRコードを
読み込んでください。

をタップして「ホーム画面に追加」




スポンサーリンク